【スマホ、財布絶対濡らさないマン!完全防水】NITEIZE(ナイトアイズ) ランオフ ウォータープルーフポケット

サイクリングしてる時スマホ、財布の防水気にしてますか?

皆さんサイクリング時、スマホ、財布の防水は気にしてますか?

僕は防水ポーチをバックポケットに入れてるんで雨降っても大丈夫じゃ!と安心してました。

 

R250 スマートライドポーチDX

【ロードバイク 財布持ち運びどうしてる?】R250 スマートライドポーチDX

続きを見る

 

大雨襲来。使ってた防水ポーチは完全防水じゃなかった!

ある日サイクリング中に大雨が降ってきました。ゲリラ豪雨って感じのやつです。その時は土手沿いを走っていて退避する所もなく結局サングラス外して雨の中を20分程走り続けました。

帰宅してポーチを開けてみてビックリ。中身がいい感じに濡れているじゃないですか!幸いスマホは防水だったのですがバッテリー類は非防水だったので念入りに乾かしました。

以来、バッテリー類は袋に入れて使ってましたが、なんと言うか精神的に宜しくないです。何か良さそうの物は無いかと自転車用の完全防水アイテムをマメにチェックしてたのですがなかなかコレだ!ってな物は見つからず。

『R250 スマートライドポーチDX』から替えたい理由がもう一つあってバックポケットにギリギリだったのでジャージに負担がかかって縫い目に穴が空いてきてたんです。

ある時アウトドア用品で完全防水ポーチの記事を見ました。コレだ!と思ったので速攻で購入。

『NITEIZE(ナイトアイズ) ランオフ ウォータープルーフポケット』(¥4,620税込)

  • サイズ:H133×W182mm
  • 重量:23g
  • 防水・防塵規格:IP67

 

『NITEIZE(ナイトアイズ) ランオフ ウォータープルーフポケット』レビュー

第一印象は薄い、ペラペラ。

重量24g(公称値23g)

生地は繊維が入っててかなり強そう。全部圧着加工なので縫い目は無し。

裏面にはベルトループがついてるのでウエストポーチみたいな使い方も出来ます。

ジッパー動き始め少し重め。動き出すとスムーズに動きます。最後のロック部分はやや重い。

スマホ、財布、バッテリー2種、鍵類を入れてみました。

財布はモンベルのコンパクト財布『トレールワレット』

【普段使いもOKな最小クラスの財布】モンベル mont-bell トレールワレット

続きを見る

程よい位に収まった。若干余裕はあるけれどあんまりギリギリまで入れない方が良さそうな雰囲気です。

ジッパーをロックして手に持った瞬間『コイツは只者じゃねぇ、ヤベェぞ!』って感じが伝わってきます。

中に入った空気が全く漏れないぞって感触がするんです。現に手で押しても漏れる感覚無し。防水・防塵規格IP67の説明がHPにありました。

【※IP67…粉塵が内部に侵入せず(防塵等級6級)、また水中に(水深1m)一定の時間(30分間)水没させても有害な影響が出ない(防水等級7級)ことを表した国際標準規格です。】

こりゃやってみるしかねぇか!って事で洗面所で水張って突っ込んでみた。

結構ドキドキしますね・・・

10分後にあげて中身を確認。どれも全く濡れてませんでした。IP67に偽り無しです。

バックポケットに入れても隙間があってジャージが破れる感じは無いです。

 

まとめ

ココがおすすめ

雨が降っても全然大丈夫な安心感。軽量。

ココがダメ

結構良いお値段。収納量はそれ程多くは無い。

兎に角『雨なんぞ全く怖くないぞ』っていう絶対的な安心感をもってサイクリング出来るのがとても良いです。

僕的には凄いヒットしたアイテムでした。他にもポーチやらバッグやら色々なサイズ展開してます。

 

 ↓ 面白かったって思ったらポチッとしてね

-アウトドア, 自転車
-, ,

© 2021 フラフラ散財日記 Powered by AFFINGER5