【オールマイティーな輪行袋】 FAIRWEATHER bike carry bag

輪行してますか?

皆さん輪行ってやってますか?僕はチョイチョイ電車に乗って輪行してます。

輪行することで格段に行動範囲が広くなって楽しめるのでとてもオススメです。

  • 自転車で家から目的地まで走って電車で帰ってくる。
  • 電車で移動して自転車で走ってまた電車で帰ってくる。
  • 電車で移動して家まで自走して帰ってくる。

等、いろんな輪行パターンで楽しめるようになります。

現在僕はモンベルのコンパクトリンコウバッグで輪行を楽しんでます。

【超コンパクト 横型 輪行袋】モンベル コンパクトリンコウバッグ

【超コンパクト 横型 輪行袋】モンベル コンパクトリンコウバッグ

続きを見る

一応、定番のオーストリッチL-100も持っているのですが不器用なのかエンドの固定トラブルが多かったので今は使ってません。

コンパクトリンコウバッグでの輪行には特に不満もなく割合快適に使ってます。

 

そして輪行袋があればホテルや旅館に宿泊出来るようになります。輪行袋に収納して手荷物として部屋に持ち込むめばOKな所が殆んどです(僕は今まで断られた事は無いです)

一泊、二泊の自転車旅がお手軽に楽しめるようになるのは凄くない?

 

宿泊でのストレス

自転車旅でホテルや旅館に宿泊する場合、自転車をそのまま預かってくれるところがあります。そうするとメチャ楽にチェックイン、チェックアウトが出来るんですが僕の経験ではそれ程多く無い感じです。

自転車である程度走って「やっとホテルに着いた~。休めるぞー」っとなった状態からの輪行作業って思った以上にストレスなんですよね。チェックアウト済ませて「ヨッシャ、出発するぞ!」からの輪行解除も同様です。

でも輪行袋に入れなきゃいけないから仕方無いよねと思って諦めてました。ところがネットを見ているとある輪行袋に目が付きました。見た瞬間「コレだ!」と思い即購入。

 

『*FAIRWEATHER* bike carry bag』

サイズ:縦100cm × 横182cm
パッカブルサイズ:縦15cm × 横10cm × 奥行き5cm
重量:320g
対応車輪サイズ:700C、26inch~29inch

 

『FAIRWEATHER bike carry bag』レビュー

 

重量330g(公称値320g)でオーストリッチのL-100とほぼ同じ重量。

L-100と並べると見た感じは同じ位に見えるがサイズはやや細めでコンパクトな感じ。コンパクトリンコウバッグに比べると一回り程大きい。

まず感心したのがシンチバンドがショックコードになってて

コードロックを引っ掛けて締めるだけの超簡単仕様。

フレームと前後輪をバンドで固定して上から輪行袋を被せて口のドローコードを締めます。

2分割のショルダーバンドは両端に輪があるので、

それぞれにフレームを通して

バックルで繋ぐだけ!

 

上部の口はマジックテープでしっかり閉じれます。ココからチェーンリングがこんにちはしてて服が汚れた!!って事も無いです。

輪行準備完了!

 

そして輪行袋が大きめに作ってあるので

前輪だけ外しも

輪行準備完了!コレはサドル下向きですが上向きでも出来ます。前輪だけ両輪共と自由自在なので乗り物に合わせて労力を最小限に輪行出来るのがグッド!

 

そして今回購入に至った最大の理由は

タイヤを外すことなく下側からスッポリ被せられます!

ホテルや旅館に着いてからいちいち自転車バラして輪行袋に入れなくても被せるだけでチェックイン出来ちゃうんです。チェックアウト後も輪行袋外すだけで即出発できるのは素晴らしすぎでしょ。

 

 

まとめ

ココがポイント

前輪、両輪どちらでも収納可能。タイヤを外すことなくカバーを被せれるので楽に宿泊施設にとまれる。

ココがダメ

輪行袋の口が広いのでショックコードを均等に締めにくい。輪行袋が大きいのでやや畳みにくい。価格が高すぎる。

価格がかなり高いのは難点ですがそれを補える魅力は備えてる輪行袋だと思います。旅好きな人にはオススメ。

 

 

 ↓ 面白かったって思ったらポチッとしてね

-自転車
-,

© 2021 フラフラ散財日記 Powered by AFFINGER5