【お家で脱毛】トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン

髭を剃るのが面倒

毎日の日課、髭剃り。面倒だなぁと思いながら髭剃ってませんか?

僕も毎日剃ってましたがいい加減限界を超えました。

『もう限界や!髭剃りしたくない、永久脱毛してやる!』

で、ネットで調べてみました。

 

脱毛するには?

まず脱毛するにはまずクリニック?家庭?どっちでするのか?クリニックだと確実に効果があるがそれなりの費用がかかる。家庭だと効果は弱いが費用が安い傾向にあるみたい。

考えた結果、家庭で脱毛に決定。家庭用は主に光とレーザーの2種があるらしく、調べてると医療用と同じレベルの強さの(22ジュール)レーザーで脱毛する機械があるとの事だったので効果が高そうなレーザーを購入しました。

 

トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン(価格¥32,380税込)

<仕様>●セット内容:本体、充電専用ACアダプター、取扱説明書、クイックスタートガイド
●サイズ:本体=(約)17×3.8×4cm
●重量:約200g
●材質:ABS樹脂、サファイアレンズ、ダイオード、他
●使用電源:AC100V~240V (50/60Hz)(付属充電専用ACアダプター) 内蔵リチウムイオン電池

トリアビューティー_4XMENSトリアビューティー_4X

『トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン』レビュー

レーザー脱毛器といえばトリアと言うくらい有名で人気らしいです。本体は通常のトリアと比較して結構スリムでコンパクト。ただし通常のトリアの電源はコンセントですがコチラはバッテリーでの駆動になってます。miniUSBで充電し充電は2時間位で終わりました。一回の充電で使用時間は約15分だそうです。まぁ髭だけだとそんなに使わないんですが電池持ちはどうなんでしょうね?

操作は電源ボタンのみと超シンプル。電源ボタンを押すと電源オン以降レベル1から3までを繰り返す。ボタン長押しで電源オフ。

電源を入れると背面の排気口あたりからファンの音がする。

ポチッと押して設定レベル3。上部の丸い部分が照射口です。使い方は髭に照射口を当てると自動でピッと照射します。

『痛っってぇぇーーーー!!!』

いやマジ痛い。無理。レーザーが髭の黒色に反応して毛根を死滅させるらしい。髭が多いほど痛いそうだ。僕は元々髭はそんなに濃い方じゃ無いのであまり痛くないらしいんだけど痛すぎ。産毛には反応してないのか痛くない。痛みは針を沢山刺した感じ、その後やけどの様な状態になります。

『皆どうしてるんや?』

人によっては麻酔クリームを塗ったりするそうで・・・その中にチラホラ買いてあったのが氷で冷やすと痛みが和らぐとの事。

ホントかよと思いながら冷却材を5秒程当ててキンキンに冷やしてからレーザー照射すると一瞬チクッとするだけで十分耐えられた。コレなら大丈夫。レベル1、2だと全然余裕。口周りが特に痛いらしい。足とかは大丈夫でした。

冷やして照射、冷やして照射を繰り返して終了。髭は2週間周期で生えてくるらしいので2週間おきに照射してみました。暫くすると髭を撫でるとポロポロ抜けてきた。抜けないのも毛抜で摘むとポロリと抜けだした。

2週間間隔で照射を6ヶ月経過した状態がコレ。数日髭剃ってません。ビフォーの写真を撮ってないけれどかなり薄くなってる。

 

まとめ

ココがおすすめ

クリニックに比べ安い。好きな時間に好きな分だけできる。

ココがダメ

痛い。照射回数、期間がそれなりに必要。

やってみた感じ確実に効果はあります。

次回は機会をみてサイクリストの嗜み『すね毛の処理』もやってみようと思います。お楽しみに!

 

 ↓ 面白かったって思ったらポチッとしてね

-家電
-,

© 2021 フラフラ散財日記 Powered by AFFINGER5